料金が最安クラスの格安SIMをまとめました!あなたの使い方にあったプランを選びましょう

料金が最安クラスの格安SIMをまとめました!あなたの使い方にあったプランを選びましょう

今回は、料金が最安クラスの格安SIMをまとめました。

もともと月額料金が安い格安SIMですが、その中でも特に安いプランに絞って紹介していきます。紹介しているプランは、低速モードのみだったり、データ容量が少なかったり、従量課金制だったりと、制約のあるプランが多いですが、うまく使うことで月額料金を節約することが可能です。

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

料金が最安クラスの格安SIM

※表示されている各料金は月額料金です

nuroモバイル 0SIM
データ専用SIM 0~1600円
SMS+データSIM 150~1750円
音声通話SIM 700~2300円
データ容量 従量課金制 高速データ容量上限5GB
備考

月500MB未満はデータSIM 0円 通話SIM 700円

500MB以降は100MBごとに100円追加

2GB以上でデータSIM 1600円 通話SIM 2300円

⇒2台目以降のサブ利用に適したSIM

▼公式サイト▼

 

ロケットモバイル 神プラン ドコモ回線
データ専用SIM 298円
SMS+データSIM 448円
音声通話SIM 948円
データ容量 低速モードのみ 最大200Kbps
バースト転送機能 あり(公式発表ではない)
3日制限 なし

▼公式サイト▼

 

ロケットモバイル 神プラン ソフトバンク回線
データ専用SIM 398円
SMS+データSIM 548円
音声通話SIM なし
データ容量 低速モードのみ 最大200Kbps
バースト転送機能 あり(公式発表ではない)
3日制限 なし

▼公式サイト▼

 

DMMモバイル ライトプラン
データ専用SIM 440円
SMS+データSIM 590円
音声通話SIM 1140円
データ容量 低速モードのみ 最大200Kbps
バースト転送機能 あり
3日制限 あり

▼公式サイト▼

 

DMMモバイル 1GBプラン
データ専用SIM 480円
SMS+データSIM 630円
音声通話SIM 1260円
データ容量 1GB 低速モードは最大200Kbps
バースト転送機能 あり
3日制限 あり
高速/低速切り替えアプリ あり
データ繰り越し あり

▼公式サイト▼

 

イオンモバイル 500MBプラン
データ専用SIM なし
SMS+データSIM なし
音声通話SIM 1130円
データ容量 500MB 低速モードは最大200Kbps
バースト転送機能 あり
3日制限 あり
高速/低速切り替えアプリ あり
データ繰り越し あり

▼公式サイト▼

 

イオンモバイル 1GBプラン
データ専用SIM 480円
SMS+データSIM 620円
音声通話SIM 1280円
データ容量 1GB 低速モードは最大200Kbps
バースト転送機能 あり
3日制限 あり(ドコモ回線 タイプ2はなし)
高速/低速切り替えアプリ あり
データ繰り越し あり

▼公式サイト▼

 

LIBMO ライトプラン
データ専用SIM 480円
SMS+データSIM 620円
音声通話SIM 1180円
データ容量 低速モードのみ 最大200Kbps
バースト転送機能 なし
3日制限 なし

▼公式サイト▼

 

ラインモバイル LINEフリープラン
データ専用SIM 500円
SMS+データSIM 620円
音声通話SIM 1200円
データ容量 1GB 低速モードは最大200Kbps
バースト転送機能 なし
3日制限 なし
高速/低速切り替えアプリ なし
データ繰り越し あり
その他のオプション

ラインアプリのデータ節約機能あり(データフリー)

ラインの年齢認証が行える

▼公式サイト▼

 

楽天モバイル ベーシックプラン
データ専用SIM 525円
SMS+データSIM 645円
音声通話SIM 1250円
データ容量 低速モードのみ 最大200Kbps
バースト転送機能 あり(公式の発表はない)
3日制限 なし

▼公式サイト▼

 

DTI SIM 1GBプラン
データ専用SIM 600円
SMS+データSIM 750円
音声通話SIM 1200円
データ容量 1GB 低速モードは最大200Kbps
バースト転送機能 なし
3日制限 なし
高速/低速切り替えアプリ なし
データ繰り越し あり

▼公式サイト▼

 

低速モードの最大200Kbpsは普段使いできる?

多くの格安SIMでは、低速モードの速度を最大200Kbpsに設定しています。最安クラスの格安SIMには低速モードのみのプランも多いですが、普段使い可能な速度なのか気になるところですよね。

結論から言ってしまうと、200Kbpsの速度は人によってはかなりストレスが溜まる速度だと思います。動画はほとんど見れないし、ブラウザやSNSの読み込みも待たされます。

反対に、ラインであれば写真や動画を送りあったり、ビデオ通話をしないかぎりはスムーズに使うことができます。電話も通話SIMであれば普通にすることができますね。音楽ストリーミングやRadikoなども低速モードで楽しむことが可能です。

このように、『できること』『時間がかかるけどできること』『できないもの』に分かれるのが低速モードです。「動画はほとんど見ないし、ラインや電話ができればいいかなぁ。検索もちょっと待たされても全然平気。」という方は普段使い可能ですね。ストレスが溜まるかも・・と思った方は1GBでもデータ容量があるプランを選ぶことをオススメします。

 

バースト転送機能とは 低速モードでもはじめの数秒間読み込みが速くなる

バースト転送機能とは、低速モードであっても通信の最初の数秒が高速になる機能のことです。たとえばブラウザ検索のときに、バースト転送機能が働くことで素早く読み込みが完了するといったメリットがあります。

バースト転送機能が働くのは通信の最初の数秒なので、動画のような数分間データを読み込み続けるコンテンツでは恩恵が少ないですが、ブラウザ検索やSNSのような短時間で読み込みが完了するコンテンツではあったほうが便利な機能ですね。

ロケットモバイルや楽天モバイルは、公式でバースト転送機能があると明言しているわけではありませんが、利用者たちの速度計測によってバースト転送機能のように通信の最初の速度が上がることが確認されています。

 

3日制限とは 音楽ストリーミングを使いたい人は気をつけよう

格安SIMによっては、低速モードで3日間のあいだに上限を超える通信をすることで、最大200Kbpsよりもさらに低速の通信に制限されるところがあります。これが3日制限というやつですね。3日制限がある格安SIMは、3日で366MBの通信量を上限にしているところが多いです。

とくに、低速モードで音楽ストリーミングアプリやRadikoなどを使う方は3日制限に引っかかりやすいので、3日制限がない格安SIMを選ぶことをオススメします。

 

ラインモバイルのラインアプリ節約機能(データフリー)ってなに?

ラインモバイルには、ラインアプリのデータ容量をカウントしないオプションが無料でついています。これをデータフリーといいます。

ラインのやり取りはもちろん、ライン通話やビデオ通話など、ラインを使った多くのデータ通信がカウントされないので、通信量の消費を気にせずラインを使うことができます。また、通信制限にかかった状態でもラインは高速通信で楽しめます。

また、ラインモバイルはラインの年齢認証を行える数少ない格安SIM。年齢認証を行うことでID検索機能を使うことができます。もちろん、LINEフリープランでも可能ですよ。

ラインモバイルは、ラインをよく使う方にはかなりオススメの格安SIMですね。

▼公式サイト▼

 

最安0円から使えるのは0SIMと神プラン ただしどちらも条件あり

・nuroモバイル 0SIM

nuroモバイルの0SIMは、データSIMなら月のデータ容量が500MB未満であれば無料で使うことができます。ただし、低速モードに切り替えてデータ容量を節約する、といったことはできないので、0円で使うためには確実に毎月の通信量を500MB未満に抑える必要があります。500MB以上になると100MBごとに100円ずつ加算され、2GB以上の通信量でデータSIMが1600円、通話SIMが2300円となります。

私も0SIMを持っていますが、良い点はやはりデータSIMなら500MB未満は0円で使えるという点ですね。うまく使えば0円で維持することも可能です。ただし、初期費用は3394円かかります。

反対に、通信速度が遅い、データSIMとSMS付きデータSIMは3ヶ月間通信しなかったら自動解約される、といったデメリットもあります。とくにyoutubeなどの動画アプリはサムネも表示できないことが多いです。

常にWiFiが使える環境にいるとかでない限り、メインのスマホで利用するのにはあまり向いていません。どちらかというと、2台目のサブのスマホにとりあえず予備で挿しておくといった用途に向いていますね。

▼公式サイト▼

 

・ロケットモバイル 神プラン

ロケットモバイルでは、月額料金の割引に使えるロケモバポイントを貯めることができます。このポイントを使うことで、月額料金0円で利用することも可能です。主なポイントのため方はアプリのダウンロード、会員登録、アンケートなど。ロケットモバイルのマイページから行うことで貯まります。

神プランはデータSIMなら月298円なので、毎月298円分のポイントを貯めれば無料で使うことができます。ただし、毎月ポイントを貯めながらずっと無料で使うというのはあまり現実的ではないかもしれません。

▼公式サイト▼

 

まとめ

今回は最安クラスで使うことができる格安SIMプランについて紹介しました。いろいろ制約が多い低料金プランですが、うまく使うことで節約につなげることができます。低速モードは使ううえで色々と制約も多いので、まずは1GBのデータ容量がついたプランから試してみることをオススメします。

以上、料金が最安クラスの格安SIMをまとめました!あなたの使い方にあったプランを選びましょう、という記事でした。