【iPhone/Android】スマホが故障したときはどこに修理に出すべき?料金とデータを消さない方法について解説します

【iPhone/Android】スマホが故障したときはどこに修理に出すべき?料金とデータを消さない方法について解説します

「スマホが故障したかも・・どこに修理に出せばいいんだろ?」

大切なスマホが故障したときに悩むのが、どこに持っていけばいいのかということ。また、料金がどれくらいかかるのかもよくわかりませんよね。あまりに高額な修理代がかかるのなら、新しいスマホを買ったほうがいいんじゃないかと考えるのは当然のことです。

そこで今回は、壊れたスマホをどこに修理に出せばいいのか?また、料金がどれくらい必要なのか?データは消えないのか?ということについて見ていきましょう。

 

スマホの修理を受け付けている場所

スマホの修理を受けられるのは以下の場所になります。

  • Apple
  • 携帯会社(ドコモ/au/ソフトバンク/ワイモバイル)
  • 修理サイト
  • 街の修理店

iPhoneは携帯会社では基本的に修理できない

iPhoneは、携帯会社の店舗では基本的に修理することができません。iPhoneの店頭修理を行っている携帯会社の店舗がほとんど存在しないためです。店舗でできることは代替機の貸し出しと修理の取次ぎになります。

なので、iPhoneを利用している方はAppleの公式サービスを利用するようにしましょう。

修理時に初期化されデータは消えてしまう・・その解決策は

Appleや各携帯会社では、スマホの修理時にたいてい初期化され、中に入っていたデータは消えてしまいます。データを残しておきたい場合は、事前にバックアップを取っておくか、データを消さずに修理してくれる修理サイトや街の修理店に依頼する方法があります。

修理サイトの料金についてはこちら

 

ケース別おすすめの修理先

  1. スマホの購入から1年以内⇒Apple(iPhone)/契約している携帯会社(Android)
  2. Appleや携帯会社の補償サービスに加入している⇒Apple(iPhone)/契約している携帯会社(Android)
  3. スマホの購入から1年以上が経っていて、どこの補償サービスにも加入していない⇒修理サイト/街の修理店
  4. 修理後もデータを残したままにしておきたい⇒修理サイト/街の修理店(バックアップを自分で取れればそれ以外でもOK)

ケース1 スマホの購入から1年以内

おすすめの修理先:Apple(iPhone)/契約している携帯会社(Android)

購入から1年以内なら、無償で修理・交換してもらえる可能性があります。無償になるかどうかはスマホの故障内容などによって変わります。自然故障と認められる場合は無償になるようです。Androidの場合は購入した携帯会社のショップ、またはiPhoneの場合はAppleのサイトから予約して、無償での修理が可能かどうか聞いてみることをオススメします。

ケース2 Appleや携帯会社の補償サービスに加入している

おすすめの修理先:Apple(iPhone)/契約している携帯会社(Android)

Appleとドコモ・au・ソフトバンクでは、スマホの修理が安く受けられる補償サービスを提供しています。補償サービスとは、オプション料金を支払うことでスマホの修理が通常よりも安く受けられるサービスです。もしあなたがApple・ドコモ・au・ソフトバンクの中のどれかの補償サービスに加入しているなら、加入している企業のショップで修理・交換してもらうのが安くなります。

ただし、Appleや携帯会社で修理または交換してもらう場合、スマホのデータは消えてしまう可能性が高いので注意が必要です。修理に出す前にバックアップを取っておくことが大切です。

ケース3・4 上記ケースに当てはまらない or データを残しておきたい

おすすめの修理先:修理サイト/街の修理店

もし補償サービスに加入しておらず、スマホの購入から1年以上が経っている場合、修理サイトに依頼するのがおすすめです。修理料金が安くなるケースも多く、またスマホのデータが残る可能性が高いです。ただし、メーカーの保証から外れてしまうというデメリットもあります。

 

それぞれの会社のスマホの修理料金

ではここからそれぞれの会社の修理料金について詳しく見ていきましょう。

Apple(iPhoneを使っている方)

購入から1年以内

・無償修理・または交換してもらえる可能性あり

購入からまだ1年以内のあいだであれば、無償で修理もしくは交換してもらえる可能性があります。iPhoneの故障内容などによって無償で受けられるかどうかが変わります。基本的には過失がない自然故障であれば無償になることが多いです。Appleの公式サイトから、無償での修理が可能か確認してみましょう。

購入から1年以上が経過している場合

AppleCare+に加入していない場合の料金

アップル公式の修理を受ける場合、AppleCare+(アップルケア+)という補償サービスに入っているかどうかで料金が変わります。AppleCare+に未加入の場合、iPhoneの修理は上記の料金が必要となります。

 

AppleCare+に加入している場合の料金

AppleCare+に入っている場合は、無償修理期間が2年に延長されます。また、無償修理の適用外だった場合も、画面の損傷が3400円、その他の損傷が11800円で修理を受けることができます。事故や過失の場合でも2回までこの料金で修理が受けられます。

 

AppleCare+の加入料金

AppleCare+for iPhoneの加入料金は一括払いだと12800~22800円。機種によって金額が変わります。

 

Apple公式の修理ページはこちら

ドコモ / au / ソフトバンク / ワイモバイル(Androidを使っている方)

  • 購入から1年以内である⇒自然な故障なら無料になる可能性あり
  • 携帯会社の補償サービスに加入している⇒次の項目を参照
  • 購入から1年以上経過していて、ケータイ補償サービスに入っていない⇒有償修理(例:ソフトバンクの場合、画面割れ16200円~、その他27000円~)

 

携帯会社の補償サービスに加入している場合

ドコモのケータイ補償サービス(月330~500円)に加入している

修理 0~3000円
交換 7500円

オンライン修理受付サービス | ドコモ

 

auの故障紛失サポート(月380円)に入っている

Androidスマートフォン/タブレットの故障・修理 | au

 

ソフトバンクのあんしん保証パック(月500円)またはあんしん保証パックプラス(月650円)に入っている

  自然故障 画面割れ その他
修理 0円 1620円 5400円
交換 8100円

店頭ではなくパソコンからの申し込みならさらに20%引き

交換ができるのは2016年4月以降に発売された機種

故障・修理 | SoftBank

 

ワイモバイルの故障安心パックプラス(月690円)に入っている

  自然故障 外装破損(キズ等) 水濡れ・全損
修理 0円 1500円 5000円
交換 7500円~

外装破損+水濡れ・全損の場合は6500円。

外装破損とは、塗装がはがれてきたり、キズだらけになった状態のこと。

故障・修理 | Y!mobile

 

修理サイト

ここからは修理サイトの料金を見ていきましょう。修理サイトのほかに街の修理屋もありますが、ここでは修理サイトの料金のみ紹介します。

iPhone修理専門店【あいさぽ】(iPhoneを使っている方)

【画面割れ】

あいさぽはiPhoneを専門に修理を行っているiPhone修理専門店。上記の表は画面割れの修理費用になります。基本的に最新のiPhoneになるほど料金が高くなる傾向にあります。

 

【その他の修理(iPhone7)】

こちらはiPhone7のほかの修理料金になります。iPhoneXシリーズは修理費用が高くなりますが、iPhone8以前の機種は安くなっています。また、店舗によって料金は変動します。

 

あいさぽのメリットはこんな感じ

特に嬉しいのがこの3点ですね。

  • 基本的にデータがそのまま残る
  • 再修理0円(6ヶ月間)
  • 往復送料・代引き手数料無料

基本的にデータがそのまま残る

あいさぽでは、iPhoneの修理をしてもデータが基本的にそのまま残ります。基本的にというのは、水没や基板の故障の場合にはデータの初期化が稀に必要になるケースもあるためです。万が一消えてしまうこともありますが、基本的には修理してもデータがそのまま残るというのはかなり嬉しいポイントですね。

 

再修理0円(6ヶ月間)

あいさぽでは、修理から6ヶ月の間に部品の不具合があった場合は、1回だけ無料で再修理する保証がついています。

 

往復送料・代引き手数料無料

iPhoneをあいさぽに送る際の往復送料と代引き手数料は無料になります。

 

あいさぽのデメリットは

あいさぽで修理するデメリットは以下のものがあります。

  • Appleの保証の対象外になる可能性がある
  • 純正品ではない部品での修理になる

Appleの保証の対象外になる可能性がある

基板などの部品を非正規のものと交換した場合、Appleの修理の対象外となってしまいます。あいさぽで修理した場合も、修理後はAppleの修理の対象外となる可能性があるため、今後Appleで修理を受けたい方は注意が必要です。AppleCare+に入っている方も同様に保証の対象外となります。

また、購入から1年以内は自然な故障であればAppleの無償修理の対象となります。1年以内の故障で過失がない場合は、まずはAppleへ相談することをおすすめします。

 

純正品ではない部品での修理になる

あいさぽで使っている修理部品は、Apple公式の部品ではありません。ですが、あいさぽが独自で徹底的に検品し、厳正な基準をクリアしたものだけを取り扱っています。総務省に届け出をしている部品なので安心ではありますが、Apple公式の純正品ではないのがデメリットですね。純正品ではないものの使用には問題なく、何か部品に不具合があったときは半年以内ならあいさぽが無償で対応してくれます。

また、あいさぽの話ではありませんが、過去に非正規の修理店で純正品以外の部品で修理したあとに、iOSのアップデートが上手く行かずiPhoneが使用不可になった事例があったようです。その際はAppleが謝罪し、このエラーに対応したアップデートを実施したみたいですね。一部ですが、こういったリスクもあります。

 

▼公式サイト▼

 

ダイワンテレコム(iPhoneと一部のAndroidを使っている方)

ダイワンテレコムは、iPhoneだけではなくXperia・Garaxy・Garaxy Note・SIMフリー端末に対応しているのが特徴です。(お手数おかけしますが、SIMフリーの対応機種に関しては公式サイトに載っていないため、ダイワンテレコムの修理店にお問い合わせをお願いします。)

だいたいのメリット・デメリットは”あいさぽ”と同じです。ダイワンテレコムでも修理時にデータの初期化はしないので、データが残ったままになる可能性も高いです。ただし、稀にデータが消えることもあることから、ダイワンテレコムでは修理前のバックアップを推奨しています。

 

ダイワンテレコム(新宿本店) 画面割れの修理料金

ダイワンテレコム(新宿本店)の修理料金はこのような感じになります。価格は新宿本店のもので、店舗によって異なります。画像は割引料金も出ていますが、割引は予告なく終了することがありますので、ご了承ください。

 

あいさぽとダイワンテレコムの違い

あいさぽとダイワンテレコムの大きな違いは以下の点。

  代替機貸出 送料
あいさぽ なし 0円
ダイワンテレコム あり(往復送料1000円) 500円

あいさぽには修理にかかる送料が0円というメリットがある反面、ダイワンテレコムには代替機貸出サービスがあるというメリットがあります。あなたにとってメリットが大きい方を選ぶといいと思います。

 

▼公式サイト▼

 

まとめ

  • スマホの修理を受けられるのは、Apple・携帯会社・修理サイト・街の修理店、がある。
  • Appleや携帯会社での修理時にスマホは初期化される。データのバックアップを取っておこう。
  • 修理サイトや街の修理店ではスマホが初期化されずにデータが消えないところもある。

以上、【iPhone/Android】スマホが故障したときはどこに修理に出すべき?料金とデータを消さない方法について解説します、という記事でした。