マルチSIMが最高に便利だったので紹介します【IIJmio】

マルチSIMが最高に便利だったので紹介します【IIJmio】

このあいだIIJmioで新しいSIMを注文しました。

テザリングに使うように1つデータSIMが欲しいなと。

しかし注文の途中、なんとSIMサイズが選べないという状況に陥ってしまいました。どういうことかといいますと、選択欄にnanoSIMやmicroSIMがなく、「マルチSIM」というSIMしか選べなくなっていたんです。

 

調べてみると、どうやらIIJmioでは今までのSIMの取扱いを中止し、マルチSIMに切り替えることになった模様。

 

ページ内を読むとこのような記述が。

2018 年 8 月 下旬配送分より、順次、マルチSIMカードをお届けします。
マルチSIMカードは、お客さまが1枚のSIM台紙から、標準、microまたはnanoのいずれかのサイズに取り外すことができるSIMカードです。

参考:マルチSIMカード出荷開始のお知らせ

 

どうやらマルチSIMは到着後に、自分の使いたいサイズに合わせて取り外すことが可能なSIMのようです。初めはnanoSIMが選べないことが不安でしたが、なんだか便利そうだなとワクワクしながらSIMの到着を待ってみることにしました。

 

マルチSIMが到着!

注文してから数日後、IIJmioからSIMカードが届きました。

 

封を開けると中にはなんと、SIMカードが入っていました。(当たり前ですが)

見た目は標準SIMと同じような感じ

 

台紙からSIMカードを取り外してみました。よーく見てみると切れ込みの線が入っているのがわかります。

 

拡大

 

切れ込み線に沿って外すとこんな感じに外すことができます。なんか屋台の型抜き屋を思い出します。

 

さきほど外したSIMカードをさらに外すとこんな感じになります。なんだかマトリョーシカ人形みたいになりましたね。

この一番小さい状態でスマホに挿すと、nanoSIMとして使うことができます。

左から標準SIM・microSIM・nanoSIMのサイズ

 

切り取りは簡単・・・?

このマルチSIM、切り取り作業はとっても簡単!・・・といいたいところですが、実は最初にmicroSIMにしようと思ったのに、切り取りがうまくいかずnanoSIMになってしまいました。もともと私の手先が不器用なのがアダになったようです・・。

ですが、一度小さく切り取ってしまっても、型にはめ込んで元に戻すのは簡単にできました。私のように不器用な場合でも、失敗したあとに簡単に元に戻すことができるのは安心です。また、取り外した型を取っておけば、あとあとSIMカードアダプターとして使うことができます。これは便利ですね。

試しに他の会社のSIMカードも、この取り外した型にはめられないか試してみたのですがそれは無理でした。会社によって微妙にSIMカードの形が違うみたいです。

 

使用した感想

最初は不安だったマルチSIMですが、届いてみるとただただ便利でした。

格安SIMは自分でSIMカードの選択をしないといけないため、サイズを間違えてしまうこともあるかもしれません。マルチSIMなら、届いたあとで自分のスマホに合ったサイズを選べばいいですから、SIMカードのサイズを間違えて注文することもなくなりますね。

IIJmioだけでなく、他の格安SIMもマルチSIMに切り替えてくれたら楽だな~と感じました。

現在はIIJmio以外には、UQモバイルやmineoなど一部格安SIMのau回線でマルチSIMを選択することができるようです。