【格安SIM】カウントフリーオプションとは?YoutubeやSNSなど特定アプリの通信量がゼロになるサービスです

【格安SIM】カウントフリーオプションとは?YoutubeやSNSなど特定アプリの通信量がゼロになるサービスです

カウントフリーオプションとは

カウントフリーオプションとは、通信会社が決めた特定のアプリの通信量が少なめにカウントされたり、全くカウントに含まれないといったオプションです。特定のアプリとは、それぞれの通信会社によって異なります。ラインであったりツイッターであったりYouTubeであったり様々です。

該当するアプリは通信量のカウントに含まれないので、高速通信容量を気にせずに使うことができるというメリットがあります。つまり、めちゃくちゃ使っているせいですぐに速度制限がかかるようなアプリが、カウントフリーに含まれていればラッキーだということです。

 

POINT

また、速度制限にかかっても、カウントフリーの対象となっているアプリは高速通信のまま使える会社が多いです

 

どういった人に向いているのか

特定のアプリを使いまくっているために、すぐに速度制限にかかるような人。たとえばYouTubeを頻繁に見ているせいで速度制限にかかる方は多いと思います。動画は通信容量がとても大きいですからね。そんなときに高速通信容量の多いプランにするよりも、YouTubeがカウントフリーになっているMVNOを選んだ方が料金的に安い場合があります

カウントフリーを採用しているMVNO

  • LINEモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • LinksMate
  • DMMモバイル
  • DTI SIM

LINEモバイル

LINEモバイルには二種類のカウントフリープランがあります。

一つは一番安い1GBプランにつくラインプランです。データSIMで500円、通話SIMで1200円となっています。このプランではラインアプリがカウントフリーの対象となります。ラインのほとんどの通信がゼロになり、トーク・音声通話・画像や動画の送受信・タイムラインが使い放題になります。

 
POINT

公式サイトには見当たらなかったのですが、ビデオ通話もカウントフリーの対象のようです。

 

もう一つは3GB以上のプランにつく、コミュニケーションフリープランというもの。『ライン』『ツイッター』『フェイスブック』『インスタグラム』アプリの通信量がゼロになります。主要SNSがカウントフリーの対象となっているので、SNSをよく使う人は嬉しいプランですね。

 

    1GBプラン 3GBプラン以上
SNSアプリ ライン
ツイッター ×
フェイスブック ×
インスタグラム ×

 

オススメできる人

SNSの使いすぎで速度制限にかかるような人。テキストや写真を見たり送るだけでは通信量は大したことはありませんが、最近のSNSでは動画もよく見かけます。そのため、ヘビーユーザーではSNSだけで速度制限にかかることもあるかもしれません。また、ラインでビデオ通話をしたり、頻繁に動画を送り合う人にもオススメです。ラインだけのカウントフリーで良いならば、一番安い1GBのプランでも対象となっています。

 

オススメできない人

SNSよりもYoutubeなどの動画アプリで通信量が多くなってしまう人にはオススメできません。動画は通信容量が大きいので、時間的にはSNSの方が多く使っているけども、実際の通信量は動画アプリのほうがかなり上回っていることは多いと思います。そういう動画アプリの使用による通信量が多い方にはオススメできません。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのカウントフリーは、主に動画アプリや音楽アプリが使い放題になります。基本料金にカウントフリーのオプション料金を払うことで利用できます。通話SIMなら+480円、データSIMなら+980円となっています。データSIMは料金が割り増しなんですね。なのでBIGLOBEモバイルのカウントフリーを使う場合は、通話SIMがオススメです。

 
POINT

条件として、3GB以上のプランを選ばなければなりません。なので最安値はデータSIM(3GB)+カウントフリーの1880円。通話SIMの3GBなら2080円となります。

 

対応アプリは

動画アプリ Youtube
AbemaTV
Uネクスト
Youtubeキッズ
音楽アプリ GooglePlayMusic
AppleMusic
spotify
AmazonMusic
ラジオアプリ radiko

 

オススメできる人

動画や音楽で通信制限にかかっている人。特に動画は通信量が多いので、YoutubeやAbemaTVをスマホでよく見る人にオススメです。あとはspotifyやradikoを外で垂れ流したいという方のニーズにも答えてくれるでしょう。ただ、音楽アプリは通信制限の状態でも結構使えたりするので、やはり動画メインの人にオススメ。

 

オススメできない人

上で挙げた以外の動画アプリをよく視聴する人には向いていません。例えばニコニコ動画や他のライブ配信アプリなどです。あとは動画をあまり見ない人も、あえてカウントフリーにする必要はないかもしれません。

Linksmate

Linksmateのカウントフリーは、主にゲームアプリを対象としていることが特徴です。カウントフリーのオプション料金は500円です。最安料金はデータSIM(1GB)+カウントフリーオプションで1000円になります。

 
POINT

Linksmateのカウントフリーは他社と違い、対象アプリの通信全てがゼロになるわけではありません。通信量の内、全てではなく90%以上がカットされるというものだというところに注意が必要です。

 

対象アプリは

ゲームアプリ 40個以上
SNSアプリ ツイッター
インスタグラム
フェイスブック
動画アプリ AbemaTV
ライブ配信アプリ OPENREC
FRESH!
Mirrativ
音楽アプリ AWA
漫画アプリ サイコミ
読書のお時間です
その他サービス enza
グランブルーファンタジースカイコンパス
Gamewith
ファミ通app
ファミ通.com
アプリダウンロード Google play
Appストア

 

オススメできる人

とにかくゲームアプリがメインの人にはオススメです。ツイッターやインスタグラムなどのSNSや、AbemaTVやオープンレック・ミラティブなどの動画・生放送アプリも対象に入っているので、そっち目当ての人も候補になるかもしれません。

 

オススメできない人

そんなにゲームをやらない人。

DMMモバイル

名称:SNSフリー

オプション料金:250円

最安料金:データSIM(3GB)+カウントフリー 850円

 
POINT

LINEモバイルのコミュニケーションプランと同様に、主要SNSがカウントフリーの対象となっています。3GB以上のプランからカウントフリーオプションをつけることができます。

 

 

対象アプリは

SNSアプリ ライン
ツイッター
フェイスブック
フェイスブックメッセンジャー
インスタグラム

 

オススメできる人

SNSをよく利用する方。

 

オススメできない人

SNSの通信量が大して大きくない方。動画などを良く見る方。

 

DTI SIM

名称:DTI見放題 SIM
最安料金:2430円
DTIのDTI見放題SIMは、データ通信7GBにカウントフリーがついたものになっています。

 

対象アプリは

動画アプリ Youtube
SNSアプリ ツイッター
ラジオアプリ radiko
サイト マイナビ

 

オススメできる人

ユーチューブ、ツイッターのヘビーユーザー

 

オススメできない人

上記に該当しない人

 

まとめ:結局カウントフリーはお得なのか?

ではカウントフリープランはお得なのでしょうか。

正直私自身はカウントフリーの他にも選択肢があるかなと感じています。カウントフリーは動画のような大容量のコンテンツを見るときにその利点を発揮します。が、近頃はLTE使い放題のプランも色んなMVNOから出ていますので、そちらの方がいいかなと思っています。UQモバイルの500kbps使い放題で1980円や、楽天モバイルのスーパーホーダイが1Mbps使い放題で2年間は1480円だったりと(3年目からは2980円です)、LTE使い放題プランに魅力的な料金のものが増えてきています。

ただ、使い放題プランにも『3日で3GBまで』などの制限があるものが多いですので、その制限を超えるほどに動画を見たりSNSを使ったりするのならカウントフリーもアリでしょう。あとUQモバイルのような速度が500kbpsの使い放題プランだと、動画を高画質で見るのは厳しいため、高画質でYOUTUBEを思いっきり見たいと言う人にもBIGLOBEの最安プラン(1880円)などはアリかなと思います。

 
POINT

逆にニコニコ動画など、他の動画サイトを見たい方は使い放題プランなどの方が絶対いいでしょう。今後カウントフリーの対象アプリが増えて見れるようになる可能性もありますが。

 

LINEモバイルやDMMモバイルのSNSカウントフリーは、低価格の割りにSNSをものすごく使う人にとってはお得だと思います。